Tricore(トリコレ)のお試しサイズが500円って本当?

・毛先がパサパサしていて傷みが気になる
・傷んだ髪のケアをしたいけど時間がない
・髪の広がりやうねり、ゴワつきに悩んでいる
・頭皮環境を改善したい

このような悩みってありませんか?

この記事では、自宅でヘッドスパもできるトリートメント「トリコレ」を調べてみました。

Tricore(トリコレ)が本当に500円で試せるのか?

あなたが気になっていることを調査してみたので、是非読んで見てくださいね。

\「anan」モテコスメ大賞受賞/
Tricoreの詳細はこちらから

トリコレの500円お試しサイズとは?

トリコレに興味があって調べていると、500円とかお試しという言葉で検索している人もいるようです。

トリコレを500円で試すことができるのかな?と思って調べてみたんですが、トリコレを500円で買えるところは見つからず・・。

結果から言うと、トリコレを500円で試すことはできないようです。

じゃあ、なんで「500円」とか「お試し」で検索されているのかというと、先着+期間限定で実施されてたキャンペーンみたいですね。

うるとろ髪チャレンジコースという定期便で、私が調べた限りでは現在キャンペーンは行われていないようです。

このキャンペーンは、ミニボトル(54ml)が2本セット、約7日間分のトライアルセットのようです。

通常ボトル(200ml)に比べて容量が少ないんですが、ミニボトル2本で通常量の約半分が500円で試せるならお得ですね。

ただ、さっきも言ったように現在では、このトライアルセットは申し込むことができません。

では、一体いくらで買えるのか?

トリコレの値段は?

トリコレの公式販売サイトでは、

・単品購入
・2本セット
・4本セット

から選ぶことができます。

 単品2本4本
価格5,390円(税込)8,778円(税込)15,378円(税込)
1本あたり5,390円(税込)4,389円(税込)約3,845円(税込)

単品購入だと定価での購入になりますが、セットだと1本あたりの価格が最大で28%オフとなりお得です。

通常の使い方だと1本で半月、2本で1ヶ月、4本だと2ヶ月くらい使用できます。

しっかりとケアしたいなら4本セット、とりあえず1ヶ月試してみるなら2本セットがオススメです。

>>まとめ買いがお得な公式販売サイトはこちらから

トリコレの使い方

温感ヘッドスパトリートメントのTricore(トリコレ)。

容器から出したときは液体ですが、水に反応したらクリーム状に変化します。

トリートメントなのに頭皮ケアまでできるということですが、使い方が気になりますよね。

Tricore(トリコレ)の使い方は

  1. シャンプーをしたあと、水が滴らないくらいに髪の水気をとる
  2. トリコレを髪と頭皮に塗布していく
    ※毛先のパサつきが気になる場合は、毛先にも馴染ませる
  3. 両手でしっかりと揉み込む
  4. ぬるつきがなくなるまでしっかりとすすぐ

トリコレは液体がクリームに変化するので、髪の毛1本1本に密着し、トリートメント成分が浸透しやすくなります。

さらに、温熱効果で浸透度がアップ。

通常のトリートメントと違い、浸透率が高いので髪に対する変化も感じやすいんです。

トリコレで期待できる効果

トリコレの効果

Tricore(トリコレ)は90%以上がトリートメント成分なので、髪への高いダメージ補修効果が期待できます。

カラーリングやパーマなどを繰り返し、毛先が傷んでいたり、うねったりごわついたりしている髪がしっとりまとまるように。

5種類のたんぱく質と17種類のアミノ酸が含まれているので、使い続けることで潤ってツヤのある美しい髪へと。

ほかにもγ-ドコサラクトン(エルカラクトン)を配合しているので、ドライヤーなどの熱と反応し、毛髪のキューティクルのめくれ上がりを防止。

雨の日など湿気の多い日でも髪が広がったり、うねったりするのを抑え、髪の絡まりも防ぎます。

頭皮に直接つけてヘッドスパもできるので、頭皮環境を改善し、フケやかゆみを防止し、ニオイやベタつきのない頭皮へ

頭皮環境を整える成分も配合しているので、頭皮に直接つけてヘッドスパも行えます。

頭をマッサージすることでフケやかゆみ、ニオイやベタつきの防止などに役立ちます。

トリコレの全成分

PG、エタノール、ミリスチルアルコール、水、シクロペンタシロキサン、ステアルトリモニウムクロリド、セトリモニウムクロリド、ベ ヘントリモニウムクロリド、香料、イソプロパノール、乳酸Na、パンテノール、サリチル酸、メントール、セバシン酸ジエチル、BG、加 水分解コラーゲン、γードコサラクトン、ゼラチン、グリセリン、加水分解ケラチン、カラスムギ穀粒エキス、グリシン、スピルリナプ ラテンシスエキス、セリン、グルタミン酸、加水分解トウモロコシタンパク、加水分解ダイズタンパク、加水分解コムギタンパク、フェ ノキシエタノール、アスパラギン酸、ロイシン、ショウブ根エキス、トウキンセンカ花エキス、チャ葉エキス、パセリエキス、ツボクサ エキス、レモン果実エキス、イチョウ葉エキス、カンゾウ根エキス、ドクダミエキス、ラベンダーエキス、コメヌカエキス、エゴマ葉エ キス、セージ葉エキス、セイヨウイラクサエキス、キウイエキス、イワギクエキス、オレンジ果実エキス、アラニン、リシン、アルギニ ン、チロシン、フェニルアラニン、プロリン、トレオニン、バリン、イソロイシン、ヒスチジン、システイン、メチオニン

トリコレの口コミや評判は?

トリコレはおすすめアイテムとして、雑誌やWeb媒体などにも掲載されていて評判の高さが分かります。

口コミや評判をSNSで調べてみました。

トリコレは解約が必要?

トリコレのことを色々調べていると、解約という言葉がでてきます。

なにか解約する必要があるのかな?と思っていたんですが、定期便のことみたいですね。

最初に話したように、トリコレには500円のお試しがあったんですが、それが定期コースでの購入でした。

これは7日間分のお試しセットが発送された12日後に、トリコレの通常ボトルが1ヶ月ごとに2本ずつ定期的に届くシステムです。

だからトリコレの定期便を解約する必要があったんです。

現在は定期便での購入ができないので、そもそも解約する必要がありません。

まとめ

Tricore(トリコレ)は液体がクリーム状に変わる珍しいインバストリートメント。

このクリーム状になることで髪の毛1本1本まで密着して、髪へ補修成分が浸透しやすくなるんです。

さらに、頭皮につけてヘッドスパもできるので、家にいながら手軽にサロンの気分が味わえます。

・髪のダメージが気になる
・髪がまとまらない
・時間がかかる美容院のケアは行けない
・頭皮ケアをしてみたい

こう感じているのなら、トリコレを試してみてはいかがですか?

あなたも温感生トリートメント「トリコレ」で気になる髪質を改善しましょう。