ナクスル(NAXLU)の価格はいくら?評判や助成金について調査!

生ゴミから発生するあの嫌なニオイとコバエ。

冬のように気温が低いとそこまで気になりませんが、気温が高くなる夏など特に気になりますよね。

生ゴミは普通に生活しているだけでも出てくるので、処理の方法によってもニオイが気になったりします。

そんな生ゴミのニオイやコバエの発生をなくすことができれば嬉しいですよね。

この記事では、家庭用の生ゴミ処理機ナクスル(NAXLU)の詳細を説明したいと思います。

世界5ヶ国で15万台を販売したハイブリッド生ゴミ処理機を使って、生ゴミをなくしてみませんか?

\今なら期間限定のお得な価格で購入できる/
ナクスル(NAXLU)の詳細はこちらから

ナクスルの価格

ナクスルの希望小売価格は、139,700円(税込)となっています。

この価格だけ聞くと、ちょっとお高い感じがしますよね?

しかしナクスルが高いのには、ハイブリッド式で優れた技術が使われているから。

分解力が強くゴミが増えないので都度捨てる必要が無かったり、生ゴミの悪臭成分を99.84%も除去できます。

では、ナクスルはどこで買うのが一番オトクなんでしょうか?

Amazonでの価格

Amazon価格

通販といえばAmazon。

ということで、私もよく利用するアマゾンでナクスルの価格を調べてみました。

定価が139,000円でしたので、それより若干安いようですね。

ちなみに楽天でもナクスルを購入できないか探してみましたが、取り扱いはありませんでした。

>>Amazonでナクスルの価格を見てみる

公式はいくら?

ナクスルは公式サイトでも購入できます。

価格はAmazonより安い、123,200円(税込)でした。

この金額はどこよりも安いみたいで、ナクスルの公式サイトにも最安値保証と記載されています。

それに公式サイトだと28日間の返金保証も付いていますのでお得ですね。

ナクスルを購入するのなら、公式サイトがオススメです。

>>公式サイトでナクスルの価格を確認してみる

ナクスルは助成金の対象

ナクスルは自治体による助成金の対象となっています。

価格だけ見ると、ナクスルって結構高いなぁと感じますよね?

助成金がまったくないのと数万円あるのとでは、財布にも心理的にも結構違いますよね。

支給額は各自治体によって異なりますが、購入費用の1/2を上限として1万円~10万円までの助成金が支給されているようです。

全国でおよそ60%の自治体で実施しているようですので、購入前に確認することでナクスルをお得に購入することができるかもしれません。

ナクスルの評判や口コミは?

ナクスルの評判や口コミをSNSでチェックしてみました。

この投稿をInstagramで見る

うひょひょー買っちゃった、 生ゴミ処理機♪ 少しでもうちから出るゴミを減らしたいなと。 コンポストなら安いしお手軽かなーと 調べてみると、うちぐらいの家庭菜園じゃ 置けないし、堆肥になるまでに結構時間もかかる。 何よりもデメリットのレビュー読んで、 めんどくさがりの私じゃしなくなるのが目に見えてw 更に沸く虫はもっと嫌。 高額の物でもモーター音や臭いが気になり なかなか手が出せずにいましたが、 ナクスルのHP見たらもうこれしかないなと。 昨日届いてから早く生ゴミを 投入したくてウズウズ(笑) 但し初期費用が13万円ほど。 それで手間無し、臭い無し &高濃度堆肥ゲットなら安いかなと。 自治体の助成金の対象機なので申請すれば 鹿児島市では最大で30,000円戻ってきます(要確認) 今なら公式HPからならAmazonよりも 安く購入出来ますよー。 . 家庭用生ゴミ処理機ナクスルHP https://001.naxlu.com/ #生ゴミ処理機 #ナクスル #家庭用 #naxlu #猫のいる暮らし #きなこねーさん

堂園 知恵子(@chiekodozono)がシェアした投稿 –

>>ナクスルの口コミ・評判をもっと見てみる

デメリット

  • 生ごみ処理機としては価格が高い
  • すべてのゴミを処理できるわけではない
  • 特別大きいわけではないが、場所を取ってしまう

メリット

  • ゴミ出しの頻度が少なくなる
  • 分解・処理したゴミを堆肥として使える
  • 悪臭成分を99.84%除去するので、ニオイがほとんどしない

ナクスルの特徴

ナクスル(NAXLU)商品紹介動画[家庭用生ごみ処理機ハイブリッド式]

1秒で生ゴミの処理が完了

蓋を開けて入れるだけで生ゴミの処理が完了。

あとはナクスルが全部自動で処理してくれます。

電源ボタンを押す必要もなく、入れるだけで微生物が生ゴミを空気に分解します。

内容物が増えないので頻繁に中身を捨てる必要もありません。

ゴミを捨てる頻度の例
・2人暮らしで1年に1回(毎月100g投入)
・3人暮らしで半年に1回(毎月200g投入)
・5人暮らしで2ヶ月に1回(毎月500g投入)

ナクスルで分解した内容物は有機肥料(堆肥)としても利用することができますので、家庭菜園やガーデニングにも使用できますね。

強力脱臭で悪臭を除去

処理機の内部では
・殺菌
・脱臭
・吸着

といった工程が行われており、徹底的な処理でニオイ成分を除去して綺麗な空気を排出。

処理中も処理後もナクスルではニオイが気になりません。

・ハイブリッド脱臭システムの概要

  1. 殺菌・脱臭
    UVランプ・メタルファイバー・酸化チタン
  2. 分解吸着
    酸化アルミニウム・銀ナノ粒子・亜酸化銅
  3. ニオイ除去
    ゼオライト・二酸化マンガン
ハイブリッド脱臭システム

省エネ設計

ナクスルは他社の商品と比較すると、半分以下の消費電力でとっても省エネ。

消費電力は60Wで、自動省エネ機能を搭載。

未使用時の電力を大幅にカットすることで消費電力を削減しています。

電気代はいくらぐらいかかる?

ナクスルの定格電力は60Wとなっています。

1kWh単価が25円だとすると

  • 24時間稼働で1日約36円
  • 1ヶ月(30日)24時間稼働で約1,080円

となります。

ナクスルの電気代の目安として参考にしてみてください。

深夜でも気にならない静音設計

日常生活で静かだと感じるのが、45db以下と言われています。

ナクスルの音圧レベルは

動作状態全体音圧レベル(db)
ファンモーター17.3db
ファンモーター+撹拌モーター23.2db

深夜の郊外が30dbくらいですので、ナクスルは騒音が気になるとは言えないでしょう。

※音の感じ方には個人差があります。

ナクスルの使い方

ナクスルを使用するにはまず初期設定が必要です。

  1. バイオ剤を入れる
  2. 電源をコンセントに繋ぐ
  3. コップ1杯(200ml)の水を入れる

バイオ剤が活性化するのに24時間必要なので、丸1日経つと使用が可能になります。

ナクスルで1日に投入できる生ゴミの最大量は1Kgとなっています。

投入可能なもの

・人が食べて消化できるもの
例:野菜・果物、ご飯・パン・麺類、魚・肉、お菓子、残飯、卵や甲殻類の殻、魚の骨や内臓
※魚の内臓やイカの塩辛などの塩分の強いものは、軽く流水で流してから投入してください。

入れてはいけないもの

・人が食べられないものや、消化できないもの、汁物等
例:汁物(鍋、味噌汁、煮物 etc…) 、貝殻・豚骨・牛骨 、大きい種子(アドカドの種等) 、割り箸・爪楊枝 、医薬品 、紙・タバコ 、ガラス・金属・ゴム・ビニール・プラスチック

バイオ剤は消耗品?値段は?

バイオ剤は正しく使えば半永久的に使えるので、定期的に交換する必要はありません。

しかし、

  • 水分過多
  • 塩分や油分の過剰投入
  • 医薬品の混入

などにより、バイオ剤が使用できなくなったり、何年も利用していて分解力が衰えたときには交換が必要になります。

バイオ剤はナクスルの公式サイトから8,800円で購入することができます。

ナクスルのサイズや仕様

品名・型番NAXLU(FD-015M)
処理方式ハイブリッド方式
最大処理容量1~1.5kg/日
電力AC100V(50/60Hz)
定格電力60W
騒音レベル30db以下(17.3~23.2db)
商品サイズ幅:38.5cm 奥行:43cm 高さ:58cm
本体重量18kg(バイオ剤含む)
機能全自動処理
自動節電モード搭載
脱臭機能
除湿機能
\蓋を開けて入れるだけで生ゴミのニオイがなくなる/
ナクスル(NAXLU)の詳細はこちらから